過払い金について

最近よく耳にるす言葉に「過払い」というものがあります。
テレビCMや電車内の広告などで、各法律事務所が盛んに宣伝しているのが「過払い金が戻ってくる」という文句で、聞き覚えがあるという人が多いのではないでしょうか。
ここでは過払いによって生じた過払い金について見てみましょう。

「過払い金」と聞いてピンと来ない人は、金銭的にあまり困っていない人か、計画的に収支のバランスをとりながら生活できている人といってもいいでしょう。
一方「過払い金」と聞いて敏感に反応する人は、収支のバランスが崩れている人や借金を抱えている人に違いありません。

過払い金は、消費者金融からお金を借りたり、クレジットカードでたくさん買い物をしたり、キャッシングを利用したりする人には深く関わりのある事項です。
これは、文字通り支払いしすぎている金銭を指すもので、具体的には利息制限法という法律によって定められた利率の制限を超える高金利で借り入れをした人が、借り入れ元本自体の返済が終わっているのにも関わらず、その後も余分な利息分を返済し続けた結果生じた、支払わなくても良い金銭ということです。

利息は利息制限法という法律の下に定められた範囲内で決定しなければなりませんが、消費者金融業者の中にはその規制の網目の抜け道を利用しているものがいます。
網目の抜け道とは出資法により定められた、年間29.2%を超えない限りは利息を上乗せしても刑罰には問われないという規定です。
そこで、利息制限法を超えたとしても出資法に違反しない範囲内で利息を高く設定する業者が生まれることとなり、その曖昧な利息のことは「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

このグレーゾーン金利部分が過払い金に相当することとなります。