過払い金返還請求とは

過払い金は、消費者金融からお金を借りた場合に発生している印象が強いかもしれません。
それは消費者金融業者の金利が高いというイメージが直結しているからではないでしょうか。

しかし過払い金発生の可能性はそこだけではありません。
クレジットカードでの日々の支払いやキャッシング利用からも過払い金が発生していることがある事実を知っておくべきでしょう。

クレジットカードでの支払いは、一括払いであれば利息が発生することはありませんが、分割払いやリボ払いを設定すると利息が発生します。

これは分割やリボ払いをするということは、支払いをカード会社に一定期間立て替えてもらっていることになります。
したがってカード会社はその支払い代金に利息を上乗せするのです。

分割やリボ払いは月々の支払い額が抑えられるので、なんだかトクをしたような気分になっている人も多いかもしれません。
しかし、実は利息を取られ返済総額は一括払いよりも明らかに膨れ上がってしまうのです。

しかも先述した通り「グレーゾーン金利」のような曖昧な利息を支払い続ける可能性も出てきます。
せっかく借入元本分が返済し終わっていても、余計に利息分を支払い続けることで、借金がなかなか減らない要因にもなります。

そこで、借金を抱える人が利息制限法の範囲を超える分を払い続けた部分を元本に充当し、計算上元本が完済されていることがわかれば、支払い超過分を不当なものとして返還請求することができるのです。